星読みの醍醐味は社会傾向を予測できること

星読みは楽しいです。
まるで天から与えられた暗号のようなメッセージを読み解いていくような楽しさがあります。
単純には解読できない楽しさ。正解がない楽しさ。
それが星読みの醍醐味だったりします。

最初は自分自身のことが理解できなかったから、自分の素質や将来性を知りたくて、占いを利用していました。私はこういう素質があるんだぁ~とか、人からこう思われやすいんだ~とか。
でも、だんだん星読みを突き詰めてくると、自分のホロスコープという幅じゃ収まり切れなくなり、気がついたら、世の中の流れを予測して読むことの方がだんだん面白くなり、逆に星の配置が『これからこんな風に時代が変わっていくよ~』と教えてくれているような感覚を覚えることがあります。

振り返ってみると、2020年のグレートコンジャンクションはやはり凄まじかったです。ずいぶん前からこの配置のことは知っていたので、2020年に何かが起こることは知っていました。
まさかこんなパンデミック騒ぎが起こるとはね。

むしろ、その2020年のグレートコンジャンクションの序章からすでにすごかった。
2019年の年末から形成され始めた山羊座土星と山羊座冥王星のコンジャンクション。これは今までの築き上げた社会の基盤(土星)が崩れ去り、新しいものへと作り上げていかなくてはいけない(冥王星)という星のメッセージ。ちょうどこの辺りから、パンデミック騒ぎが始まっています。

そこから約半年後の2020年4月末、今度は山羊座木星と山羊座冥王星がコンジャンクション。一気に今までのシステムの破壊が進みます。
ちょうど一回目の緊急事態宣言が発令され、世界規模でも大混乱が起こったわけです。世界中で人の流れが一気にストップしたわけですから。
そして、2020年の年末には水瓶座にいる土星と木星がぴったり合したグレートコンジャンクション。そして山羊座にいる冥王星がゆる~くコンジャンクションした時期でした。注射の話題もこの辺から盛り上がり始めました。
破壊と再生の星、冥王星を通過してきた土星と木星は、もう元の今までの世界に戻らず、新しい未来に向かって世界を再構築していくことを意味しています。現時点では一見、何も変わったように見えないかもしれませんが、2024年辺りから、時代の変化を目の当たりにすることが多くなると思います。(それが何なのかはその時にならないとわからないことがほとんど。)

ここまで星の配置通りに世の中が動くと、人間って、想像できないほどの大きな宇宙の中のちっぽけな存在にすぎないんだなって感じます。
このパンデミック騒ぎの裏に、闇の勢力の存在があるとしたとしても、その人たちも結局星の動きに支配されている。自分たちの力で支配しようとしたって、人間にそんな大した力はない、と感じます。

たまに思うのですが、このパンデミック騒ぎ、例えばアフリカやアマゾン地帯などに暮らす原住民の方々は知っているのでしょうか?たぶん、そんな騒ぎも知らない人が多いのではないかと思います。知ってても、遠い国の話くらいにしか思ってないかもしれません。同じ地球に住んでいるのに、まるで世界が違うということになります。

そう、このパンデミック騒ぎ、マスコミや一方的な情報などが支配している国でしか起こっていないのでは?と思うことが多々あります。先進国と言われる国ほど、パンデミックで大騒ぎしている気がします。注射だって、全世界のほとんどの人が打ったんですかね?そんなに注射の数、あるんですかね?
色々疑問がわいてきます。

とりあえずワクパスの普及は無理っぽいことを悟ったのか、アメリカなども導入を断念し始めています。(当たり前だわ、星の意図にも完全に反する。)
(私が先日、不当解雇を受けた職場の同僚に、「せっかく注射したのにワクパスがないなんて不公平だ!」と言っている子もいました。何のために注射したのでしょうか?567が重症化しないために打ったのではないという事でしょうか?お注射特別割引を受けるために注射を打ったのでしょうか?不平等とか言っていますが、自分のために打ったはずなのに何が不平等なのか、理解ができませんでした。彼女は平成生まれでまだ若いのに、なぜか考え方の枠が狭く古臭くて時代遅れ。)

つまり、このアホくさいパンデミック茶番から抜け出すには、まず第一歩として、この一方的な情報操作から解放される必要があるわけです。
一番毒なのはテレビ。私はテレビを捨てて6年くらい生活してますが、たまにテレビや民間放送局が作っているYOUTUBEのニュース動画などを見ると、胡散臭い演出ばかりで、情報を操作しているのがよくわかります。

今までの社会はマスコミなどによる情報操作によって基盤が作られていったようなものです。みんなそれを真実と思い込まされています。その思い込みをぶっ壊さないと、その人は次の時代には進めません。

もうね、他人に自分の人生委ねてコントロールされてる場合じゃないんです。『良い子』になってる場合ではないです。それこそ『脳内お花畑』です。スピリチュアルよりもよっぽどお花畑です。

ニュースで報道されてたから、政府が言ったから、会社が言ったから、学校の先生が言っていたから、親が言ったから、著名な先生が言ったから、社会の常識だから、社会のルールだから。

これらは全部山羊座の象意。2019年の年末からここに冥王星、土星、木星がやってきた。
つまり、そんなものに価値はすでにない。とっくに破壊されている。
他人に自分の人生を委ねるほど楽な生き方はありませんが、絶対に自分のためにはなりません。

このピラミッド社会は一方的に操作されて作り上げられたものです。
私たちは勝手に一方的にピラミッドの層に位置付けられているんです。

人はピラミッド社会に埋め込められて生きるものではありません。
しかし、そのピラミッド社会にすがりついているのも私たち。
なぜなら、今まではそれにすがって死ぬことは無かったから。

でも、もうそんなものにすがって生きている場合ではない。

今まで教えられてきたものが全て誰かにとって都合の良い嘘だとしたら?
そう考えたら、他人の言うことに従う必要なんてありますか?

水瓶座=各々の個性を認めて自立しろ

そう、自分で考えて、自己価値を高めろと教えてくれています。

これからは、『自立』がとても大切になると思います。
『孤独』を覚えることも必要かと。
だからと言って、誰ともつながるなというわけではなく、いろんな個性を持つもの同士でお互いに尊重し合いながら生きていく時代。上とか下とか無い。

そう星の配置はメッセージをくれているように私は感じます。

Nao

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)