私がお伝えするメイク

私が今スタートさせたメイクレッスンですが、どんな風に仕上がるのか、気になる方も多いと思います。すごく変わるのか、とか、見違えるように変身できるのか?とか。
仕上がりをこちらのブログに載せることも可能なのですが、正直、載せられる側からすると気持ち的にちょっと負担かと思います。
私はその気持ちがよくわかるので、よく他のブログでやられているようなビフォーアフターの写真は、今は載せようと思っていません。私も全顔でないとしても、勝手に無断で使われてすごく不愉快な気分になったので。

私のメイクはあくまで、その人の個性を活かしたメイク。星や好みを使って。

占いではありません。メイクでその人の背中を押したいのです。自分が変われるのは、占いの結果じゃなくて、自分の強い意志と行動のみだから。

そして、その人に似合っていないと意味がないので、その人の良さを引き出せるようなメイクです。

全部理論で事細かに解明してほしいタイプの方には向いていないかもしれないですね。パーソナルカラーはこれだから、この色使うとか。
感性のメイクなので。といっても、骨格に合わせたメイクが基本です。その辺の素人さんがやってるメイクサロンとは違います。

極めてナチュラルメイクであると思います。
濃いメイクがご要望であれば、それに合わせて色の入れ方を変えたり、セレクトを変えたりはできますが。

メイクは基本があります。眉毛だったり、チークの位置だったり、ブラシの使い方だったり。
でもそれ以外はひとそれぞれだったりするので、決まったルールはありません。

自分もそうだったのですが、メイクやコスメにこだわりがあり過ぎる一般の方は、メイクが濃くなる傾向があります。いろいろ試してみたいですしね。それが結構行き過ぎてて、ご自身の顔の良さをダメにしていることも多いんです。
私もその一人でした。会社員時代は自己流メイクでしたから。黒いアイラインをガッツリ引いていないと気が済まなかったし、まつげもばっちり上げて、綺麗なグラデーションアイズじゃないと嫌でした。
でも、シーズンによってファンデーションとかも変えなかったり、なんかちぐはぐなメイクで。
メイクやコスメが好きな割に、自分の骨格を無視した色の乗せ方をしたり、眉毛も元々濃いからって適当だったり。今思うと、本当に垢抜けない顔だったなぁって思います。
可愛い洋服を買っても、顔がなんか古臭く、ダサく感じて、特に29歳から31歳くらいまでは、自分の容姿が心底嫌いになり、メイクも楽しくなくなりました。でも当時は原因がわかりませんでした。
パーソナルカラーや骨格診断などを習ったりしてみたのですが、あの、枠に当てはめて決めつける診断がとても腑に落ちなくて、結局もっとオシャレが嫌いになった時期でした。むしろ、そういった場で、自分の容姿をけなされました。私の容姿、どちらかというと一般的な万人ウケする正統派美人とかじゃないからだと思う。

今は、トップアーティストの方々から、メイクのいろんなことを勉強させていただいて、自分の美的感覚もかなり変化していき、なんで自分が自分のメイクに違和感を感じていたのかがわかったのですね。
とにかくいろんな色を感じるのが楽しい。ルールもないし、好きな組み合わせをすればいいし。と言っても多色使いが良いんじゃなくて、色のバランスが大事。
でもある程度、こうすると垢抜けて見えるとか、今っぽくなるというポイントもわかって。
自己流から抜け出して、やり方を変えて、黒のアイラインをきっちり引かなくてもいいって思えるようになって、一からメイクを変えたら、周囲の人に、私の変化を驚かれることが多くなりました。
一番うれしいのは、顔がスッキリしてるって言われること。
ちぐはぐだったメイクが整って、本来の自分の顔になったんですね。

(本当に、当時のあの実力でメイクレッスンなんてやらなくてよかった笑)

多くの人が、自己流メイクで生きてきていると思うので、その顔で安心していることが多いと思います。
でもなんか変、なんか合ってない、垢抜けないって感じている場合、やはり、その自己流のメイクがもう似合ってない、時代に合ってないということなんですよね。
それで、メイクレッスンしても、心が追い付いていないというか、結局元の顔の方が安心という方もいます。それならそれでいいと思います。ご自身の自由なので。

私がすすめているメイクレッスンは、もしかしたら、いつもご自身が買うようアイシャドウと同じ色味だったりするかもしれない。なぜなら、そもそもその人の個性や好みでメイクするから、セレクトだって普通にそうなる可能性もある。

でもメイクは色のみで印象を変えるんじゃないんだよね。光の効果や質感やバランスなんだよね。

(もし、いつもの雰囲気からガラリと変えたかったり、自分の違う面を見つけたかったら、必ず私には伝えてほしい。それも具体的に。例えば、ミステリアスって言葉を私は“捉えどころのない雰囲気”とか“不可思議な感じ”って認識しているんだけれど、人によっては“セクシー”“妖しげ”って勘違いしてしまう人もいるので苦笑)

平面的にメイクを見たら、いつもと変わらない色を使っているかもしれないけれど、立体的にみたら、自分の骨格が美しくみえるようなファンデーションのセレクトや塗り方だったり、メイクは奥深いのです。
ちゃんと自分の顔を把握していたら、変わっていることに気ちゃんと気が付くはず。
私的には、あくまで自然に美しくなってほしい。元がわからなくなるくらい変えるなんてことはしません。
そう、整形級メイクみたいな、元々のお顔を全否定するメイクは好きじゃありません。

メイクは塗り絵のように思うかもしれませんが、平面の塗り絵じゃないので、メイクは。

眉毛だったら、眉毛の色や形、長さだけが印象を決めるんじゃない。
眉毛の毛流れだけで、顔の表情が変わるんですよ。どこが薄くて、どこが濃いかも表情に関係するし。
私は、トップアーティストの方に眉毛のコーミングの大切さを教えていただき、それからずっと意識するようになった。自分にもやってみたら本当に違う、表情が。
はつらつとした表情になる。確かにステキな広告や雑誌などで見かける素敵だなと思うメイクはそこも必ず美しい。

そういう一つ一つのポイントに垢抜けポイントが隠れてます。

私のメイクレッスンを受けて下さった方には、そういったこともどんどんお伝えしたいって思っています。

Nao

★instagram★

メイクレッスンモニターさん募集中です!レンタルサロンでのレッスンも可能です。
お気軽にお問合せください。(上記MENUタブより)
10月以降値上がりを予定しておりますので、この機会にぜひお試しください♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)