耳障りの良い言葉は危険

昨日から4月に入り、本格的に新しい運気のスタートとなりました。
新社会人として、新たな気持ちでスタートされる方も多かったかもしれません。
でも、きっと数年経ったら、こういった「フレッシャーズ祭り」みたいな流れは無くなっていくような気がします。みんな同じリクルートスーツとかさ、もうやめようよって思う。

ほとんどの方が、高校卒業後、大学に行き、大学に通いながら就職活動。
4年も大学で勉強しているのに、結局就職先は勉強したことと全く関係ない業務だった、とかはザラです。私も大学は卒業していますが、正直今までの仕事だったら大学にわざわざ行かなくてもこなせる内容だと感じています。ただ、4大卒じゃないと総合職の求人に応募すらできないということもあるんですよね、大手だと。

大学の講義は面白かったですが、4年も要るか?と言われたら別に要らないと思っています。この大学4年間をバイトと遊びに費やしてしまう学生も多いですから。
私は高校も英語科で大学も英米文学科。こんなに英語をやってきたのに、現場になるとスラスラ英語は使えません。
たまたま英語に関する職場が多かったので、勉強したことは役に立ちましたが、正直高校までの英語レベルで十分でした。それに、学校で習った英語、仕事場で通じませんしw
もっと早く社会に出て経験積んだ方が、強くなれた気もします。

今まで私たちは、社会が決めたレールに沿う生き方しか教えられていませんでした。そうした生き方が当たり前とされていたし、それが一番『安全な生き方』だったから。
でも、今後はレールに沿った生き方にこだわると、恐らく将来的に『自分から何もできない人』に成り下がってしまう恐れもあります。たとえ、大手企業に就職できても、『安心』ということもすでに無くなりました。
就職に関しても、ルールやフォーマットがガチガチ過ぎて、求職者の良さなんてどうやってこんなものではかることができるのだろうか、と毎度疑問に思います。

さて、自分もどこかの企業にお世話になるとしても、「自分さえ良ければ良い」という性質を持った企業だけは嫌だな、と日々感じています。要は『愛』が無い会社ですね。
社員に対しても、社員以外の関わる全ての人に対しても、お客様に対しても、商品に対しても。

表向きだけは綺麗ごとを言います。
『お客様のために、誠実な企業でありたい』と。
でも実態は真逆。

私が経験してきた化粧品会社は、『愛』が欠如している傾向が結構ありました。華やかそうな業界ですけど、実体は金儲け主義なので。自分さえ何とかなればよいので、他人が困ってもお構いなし。特に中小企業は。

私が不当解雇にあった会社もそうでした。
常に「売れている他社商品の真似」をしろと指示されます。「あの商品が売れているから、似たものをうちでも出せ、そしてその商品の棚をうちが取れるようにしろ」と社長は言っていました。
ひどい会社ですよね。メーカーとしてのプライドが全く皆無。

真似された企業側からしたら、自分たちが作り上げたアイデアと販路を簡単に奪い取られるんですから、たまったものじゃないです。お店の売り場を見たらわかると思いますが、何か一つがヒットすると、後発で同じような商品を出すメーカーが増えます。
お店側もそういったものを求めます。『今はそのほうが売れるんで』と。
で、結局『ヒット商品に似せた商品』は短命です。その結果、毎回在庫が山積みになって、負の産物となり、廃棄されていきます。
そして、どんどん環境汚染を進めていきます。

一時的な売上のために色んなものをダメにしていくマーケティング。
化粧品会社のほとんどがそれ。

私はそういうことは一時的には上手く行っても、長いスパンを考えると絶対に売れなくなる法則を知っているので、アイデアを出してオリジナルの商品を出そうとしましたが、一蹴されました。結果、「うちとは合わないので解雇!」です。笑

こういうマーケティング方法って、今後どうなるのかなぁと思います。

つまり、『売れれば何でも良い』なんです。
お客様が選ぶから、うちはパクったものを売っても、悪いことをしているとは思わない、という感じでしょうか。なんだかな~

今は水瓶座時代に入ったばかりですが、もっとオリジナルが求められる世界になると思うんですよね。しかもそこに『愛』が無いと、これからは人に受け入れてもらえないような気がする。

マスコミでも政府でも、何でもそうですが、『耳障りの良い言葉』だけ発信しているものを見たり聞いたりするだけで、胡散臭く感じることが増えていないでしょうか?
それは皆が『嘘つき』だったことがよく分かったからですね。
嘘つきであるほど、耳障りの良い言葉を使いたがります。詐欺師と同じです。

今ならSDGsなどの動きでしょうか。
見事にマーケティング用の販促ツールとしていろんな企業が使用していますが、表向きのラベルがSDGsになっているだけで、中身は全く変わっていません。
環境に良さそうなものだと勘違いさせておいて、お客様に良いことしている意識を植え付けている。でも、中身変わらず。

トランジットの海王星とトランジットの木星がまもなくピッタリ合に入っていきます。
嘘が暴かれていく時代へと突入していきます。
海王星は2025年3月に牡羊座へと移動していきます。牡羊座は新しいサイクルへの幕開けを表しますので、それまでに海王星は魚座を通ることで今までのまやかしや嘘を暴いて、次のサイクルへと進んでいきます。

常日頃から、そういった『耳障りのよい言葉の裏』を考える癖をつけていかないと、どんどん騙されて搾取されていく時代になるなと感じている今日この頃です。

Nao

→天体の動きメモをこちらに掲載中

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)