不動宮さんたちは本心と向き合う時期です

最近私は毎日毎日眠くて仕方ありません。
何もしてないのに…苦笑
ベッドに入って動画見てると寝落ち、本読んでて気がついたら寝落ち。
少し出掛けただけで睡魔に襲われる。これの繰り返し。
よく眠くて仕方がないときは転換期と聞きます。本当にそうであって欲しいくらい、眠い!
もしかしたら、木星魚座ですし、ネイタルの月に重なり始めてるから余計眠いかも。
太陽とか月が魚座の人なら分かると思いますが、魚座の一番のエネルギーチャージは「寝ること」。だから、死んだように寝る人が非常に多いですよね。

やはり次の元気な牡羊座エネルギーに変わる前の星座が魚座ですから、寝ることで自分の潜在意識にアクセスして次のステージへの準備でもしてるのかな、なんて感じます。

昨日の夜に月は牡羊座を抜け牡牛座に入っており、本日はトランジットの月とトランジットの天王星が夜21時ごろコンジャンクションします。
未だに天王星は土星とスクエアを形成していますので、厳しいと言えば厳しい配置かも。
連休明けの平日になるので、本日から業務が本格始動する方も多いでしょうし、なんだか気は重いかもしれません。
(しかし、本日は暦の上では天赦日と一粒万倍日が重なる貴重な日らしいですよ!
私も大した予定はありませんが、神社は行こうかな~)

天王星と土星は相反する性質ですからね。変化したい心と、守り続けたい心との折り合いがつかなくて、嫌になっちゃう人も多いかもしれません。
特に天王星は「自立」を促します。自立とは、自分で考えて行動する力のことです。他人に依存しません。情報に流されたり、他人に言われたことを鵜呑みにするのではなく、一旦自分で考えてみる。自分の力で答えを導き出してみる。
そんな配置でもあります。
土星は大人の考えをする天体ですから、私たちに精神的に成長して大人になる事を厳しい位置から促します。

このスクエアのピークは3月11日。(オーブ8度)
ここから徐々に離れていきます。と言っても、土星が水瓶座にある限りは、牡牛座天王星とスクエアっぽい関係の影響がうっすら残っていくと思います。
土星が水瓶座から魚座に移るのは来年2023年3月7日。
それ以降は逆行しても水瓶座に戻ることはなさそうです。ここのバトンタッチはスムーズのようですね。
それまで、不動宮星座の人(牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座)はなかなか悩み多き日々を送られるかと思いますが、ここは不動宮らしくとことん向き合っていきましょう。(特に獅子座さん、大変よね。)不動宮持ちの私も辛いですもん。慣れたけど。笑

不動宮の星座は、基本的に急激な変化が苦手です。
『自分からは動かない頑な星座』ですからね。頑固という言葉がぴったりな星座です。
こだわりが強いんです。そのこだわりは強みでもあるし弱みでもある。
(私もそのこだわりに毎度苦しみます。他人から見たら高いプライドと捉えられることもあると思います。しかし、年齢を重ねてから、だんだん自分のこだわりもプライドも、アホらしく感じるようになってきましたが。笑)

よく、柔軟宮とか活動宮同士のスクエアはそんなに相性悪くないけど、不動宮同士のスクエアはどうしても分かり合えない相性って聞きます。
なぜなら、不動宮はお互いの立場を譲ることが出来ないから。笑
柔軟宮は結構相手に合わせちゃうのも平気だからスムーズだし、活動宮だとお互いに行動を起こさなきゃいけなくなるんだけど、不動宮は譲って自分を変えなきゃいけないくらいなら動きたくないんですよね。
私も獅子座と蠍座を持っているのでよくわかります。

しかし、『変革の星』の天王星が不動宮の牡牛座に入っているということは、その価値観、変えなさい!と言っているようなもの。しかもその天王星は水瓶座のルーラー。トランジットの土星(変われないもの)は水瓶座入りしている。
これは、とことん自分を変えていく必要があることを教えてくれている配置かもしれません。

今の自分を縛り付けているものは何なのか?
その縛りは、本当に自分を縛っているのか?
むしろ自分があえて縛り付けているのではないか?

今の自分が守っているものは何なのか?
それは守るほどの価値があるのだろうか?
むしろ、自分が守っているものに価値があると思い込んでいるだけではないか?

その問いかけをしているような配置に見えます。

タロットで言うと、ソードの2のような状況。

この人物は、目隠しをしたまま2本の剣を持って、静かに石の上に座って構えています。
よく見ると腕は縛られていないので、本当は剣を下ろせば簡単に目隠しも外せるのですが、この人はあえて外しません。周りの海も穏やかで月まで出てるのに、頑なに剣を構えてじっと座ったまま。剣を構えているので、誰も近づけません。
ものすごく守りに入っている感じがするこのカード。
自ら剣を下ろし目隠しを外せば、視界も広がります。海も穏やかなことに気が付きます。剣は構える必要がなかったことにも気がつけます。
自分の心の不安や、自分が変わる事への恐れと戦っているようなカードとも言えますね。
結局、その恐れから解放してあげられるのは自分の行動の力だけ。(大抵頭ではわかっているんだけどね。)
おそらく、不動宮さんたちが今現在戦っているのはこんな心理状況。

今はまだ天王星と土星のスクエアのパンチで済んでいますが、これが2023年3月24日に破壊と再生の星である冥王星が水瓶座に入ったときから、守っているものもこだわりもプライドも、どんどんぶっ壊されますよ。最後のとどめをじっくり刺されていく感じ。こっわ。すでにボコボコにされているのに…涙
(2024年11月末からは本格的にぶっ壊しが始まります。)

特に自分から変わることを恐れる不動宮さんたちにとっては、今は予習みたいなもの。
自分がどんな枠にとらわれているのか、再度確認していくことが大切です。
獅子座の私も、毎日毎日向き合ってます。毎日自分に問い合わせ。(コールセンター並みに問い合わせしてる。笑)
自分が求める答えは結局自分にしかわからないので、色々なものを情報を自分で調べてかみ砕きながら、自分を導いていくしかない。

もちろん、不安になるけど、そもそも論で考えたときに、その不安のきっかけになっている物事の判断基準は全て嘘なんじゃないか?って思うこともあります。あ、これって自分の思い込みかもしれない、と。
今は時代の変わり目ですからね。
自分が持っている判断基準、とっくに古臭くなっているかもしれません。

数年前までは、活動宮の方々が長らくこのパンチにもがき苦しみました。
人生の方向性が変わってしまった人も、多かったはず。
これからは、自分でなかなか変われない不動宮さんたちの番です。私も含め。笑
風の時代の勢いもあるから、ここで心をオープンにしてとことん自分と向き合いたいですね。

Nao

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)