ストレスフリーが今のメイク

メイクレッスンを始めて、一番お客様が良かった!と言ってくださるポイントがあります。

それは、肌作り!
次に眉毛です。

「メイクをしているのに、一日肌が辛くなかった。厚塗りしてないのに、カバーできてる。」というご感想が一番多いです。
他の講師のメイクレッスンを受けたお客様は、今まで受けたメイクレッスンだと「ここはコンシーラーでカバーして」とか「くすみカバーには○○色の下地は必須!」とか、とにかくどんどん厚くなっていくメイクを教わったそう。
結果、やはり顔が重たくて、レッスン後にすぐメイクを取りたくなってしまうような気持ちになったというお声も聞いています。

肌はお顔のほとんどの面積を占めます。そのため、ベースメイクでお顔の印象が決まると言っても過言ではないくらい大事なポイントなのです。
だからこそ、そこはきれいにしたいし、自分もストレス感じたくないですよね。

そもそも、きれいなお肌ってどんなものを想像されますか?

透明感があって、しっとりとした、ハリのある肌ではないでしょうか。
これは色白の方でも、健康肌の方でも同じです。

私がお伝えしているベースメイクは、続ければ続けるほど、肌負担がなくなり、素肌がきれいになっていくメイク方法です。

実は、私もずーっとベースメイクは悩みの種でした。
何故か、ファンデーションを塗った方が肌が汚く見えるんです。コンシーラーなんて重ねても、すぐ崩れる。。
それも時間が経てば経つほど塗っている感が出るので、むしろ塗らない方が良いんじゃないかと思うくらいでした。
でも、やはり小鼻の赤みやクマなど、気になる部分があるため、ファンデーションは塗りたいなって思ってしまいます。

いつもブログにも書いているけど、今のところベースメイクで一番オススメなファンデーションはCHICCAのソリッドファンデーション。(←溺愛ファンデーションでございます笑しつこいくらいブログでも、プライベートでも紹介しております。)

↑もうすぐ無くなるように見えますが、結構コスパ良いのです!多分半年くらいいけるんじゃないかな。デメリットはケースが高い苦笑 だから、ほぼレフィル買います笑
私のメイクレッスンでも使ってます。他のブランドも持参しているのですが、結局これ使います。大抵の方はこちらで行けます。(お客様によっては、ご持参されるファンデーションでメイクする場合もございます。せっかくあるのに、使えなくなったらもったいないので。)
ただ、このファンデーション、最初はなかなか理解できないと思います。
特にリキッドファンデーションなどに慣れている方は、「これ、塗れてるの??」って感じます。
私もそうでした。今トレンドの素肌感を理解するまでは。
実はカネボウのメイクスクール時代にも、学校で使ったことがあるのですが、「固くて色がつかない!」って思って当時は全然使用しませんでした。が、、、いやー使い方がわかっておりませんでしたし、何より、自分のベースメイクの概念自体が古かった。。

最初はね、固いし全然ついていないように見えるんですけど、目が慣れると、違いがわかるようになるんです。いかに今までのベースメイクが厚塗りだったかがわかります。
そのせいか、だんだん、コンシーラーも使わなくなってきましたし。それくらい、肌の調子が良くなってきて、くすみも軽減されているんだと思います。肌も褒めていただけることが多くなりました。塗り方もコツがありますけどね。それはメイクレッスンでお伝えします。

ちなみにメイクレッスンでも好評なCHICCAのソリッドタイプのチーク♪(こちらもレフィルですみません。。)
チーク入れましたぁ!というダサいメイクになりません!大人でもかわいいチーク作れます。
ちなみにブルべ、イエベとか気にする人多いけど、CHICCAは基本的にどの色も自身の肌の色を生かすコスメってコンセプトだから、どの色も似合うようにつけられます。

ファンデーションに話は戻って、、、

職業柄、いろんなファンデーションを試すため、他のメーカーのファンデーションも使って
みるのですが、やっぱりダメ。崩れる。。。特にリキッドだと。リキッドは水分が蒸発するので、時間が経てば経つほど、肌がパッサパサになります。特に眉間とか、おでことか。骨が張っている部分がすぐ乾燥してきます。私は万年それが悩みでした。
特に私は、アトピー性皮膚炎持ちな上に、超乾燥肌なので、水分が失われるのはかなり痛い。
結果、ポサっとした感じになります。この間も久しぶりに、リキッドファンデーションを使用したら、夜めちゃくちゃ肌が汚くなってて悲しかったです泣

でも、このCHICCAのファンデーションを使うと、オイルシールドという被膜を上に重ねるようなベースメイクになるので、全然乾燥しませんし、めちゃくちゃ肌がきれいなまま一日キープできます。ついでに良いのが、パウダーで仕上げても、あとからまたファンデーションを重ねることもできます。でも、キレイに見えないからあんまりやらないけど。

唯一カサカサになりづらいファンデーションは、MiMCのリキッドファンデーション、ローラメルシェのキャンドルグロウソフトルミナスファンデーション、SUQQUのクリームファンデーションでした。これらのファンデーションつけてるとすごく褒められます。肌も楽です。MiMCは明るい色しかないので、そこがちょっと難ですけどね。
(ローラメルシェのファンデは口コミサイトであまり評判良くなくてびっくり!私はすごくきれいな肌になったけどな。。かなり薄づきだから、カバーを求める日本人には良さが伝わらないのかも。)

例えば、私と正反対で、皮脂崩れにすごく悩まれている方はリキッドファンデーションでも良いと思いますよ。それでも塗る前の仕込みや塗り方は気を付けた方が良い。

で、私が気が付いたのは、自分で「ちゃんとファンデーションを塗った肌」がきれいだと思い込んでいたんです。今のベースメイクってそうじゃないんですよね。

メイクしている肌が、元々の自分の素肌のように見せるが今時メイクのポイントです。

塗ってるのに、塗ってないみたい、とか
塗ってるのに、肌がめちゃくちゃ軽い!みたいな感じ。

この感覚、トップアーティストの方に教わるまでわかりませんでした。
あーこういうことか!って今なら思います。
今までの、自分のベースメイク観ってすごく厚塗りだったんだ。。って気がつきました。
厚塗り感って「老け顔」になるんですよ。
ついでにアイラインやアイシャドウも何でもメイクはやり過ぎると老けます。
メイクの力の入れ所のバランスって、垢抜けるかどうか、若々しく見えるかどうか、というポイントに非常に重要になってきます。
はっきり言って、メイクはこねくりまわすと老けます。若いときはいいけど、30代以降はダメです。

アーティストの方にも言われたけど、「あなたはメイクで損してる、老けるメイクしてる」って言われました。言われた時はわからなかったんだけど、今はよくわかります。
ちなみに眉毛の作り方でも、「若さ」って出せますからね!
眉毛は描くだけがテクニックではないのです。

今までのファンデーションだと、一つ厚い膜が貼られるような感覚で、肌になじんでおらず、違和感があって、すぐ落としたくなる感じだったのですが、CHICCAのファンデーションだと、うすーいベールのようなしっとりした被膜を貼った感じになり、ファンデーションを塗っていたことを忘れてしまいます。

色ムラやシミなどはある程度隠しますよ。
でもそのムラの隠し方も、ただ上に重ねるだけじゃだめで。テクニックはある程度必要かも。
加減があります。

本当に、ベースメイクって大事なんです。
カバーするだけがメイクではないのです。年齢が上がれば上がるほど、メイクはいろんな知識が必要になってきます。

私のメイクレッスンでは、どんな年齢の方も、ちゃんとした知識とテクニックを身につけていただければと思い、私がトップアーティストの方から教わったメイク方法をそのまま皆様にもお伝えしています。

きっと、毎日のメイクが楽しくなると思います♪

Nao

星座メイクはインスタにアップしています↓↓
日々のメイクの参考になればと思います
instagram

20181023日発売の光文社ファッション誌「JJ12月号」の習い事特集に私のメイクレッスンが選ばれて掲載されました!
2019131日まで、「JJ見た」でメイクレッスンがお得になるキャンペーンやってます。
(実際に雑誌買ってなくても全然OK笑 自己申告です笑)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)