メイクの悩みダントツ1位は・・・

眉毛!

やはり、皆さん眉毛のメイクに苦手意識を持たれている方が多い印象があります。
かく言う私も、メイクのプロになるまでは、自分の眉毛をどういじったら良いのかわからなかったし、
どのフォームが自分に合っていて正解なのかもわかりませんでした。

でも、眉毛って顔変わるんですよw
笑えるくらい。

多分、私がプロになる前にやっていた自前の眉毛メイクは、眉毛の間にアイブロウパウダーをのせて
眉マスカラで色を変えただけ。眉頭、眉山、眉尻のバランスってそんなに気にしたことなくて、
毛があるところに描けばいいかな~くらいに思っていました苦笑

でも今、その頃の写真を見ると、眉毛が非常に中途半端で、お蔭で顔もメイクも中途半端な印象。

そのくらい、眉毛って印象を左右する大事なパーツなんだと思います。

面長、丸顔、ベース型、逆三角形型と顔の形は様々あり、その輪郭に沿っても眉毛のフォームを変えることはありますが、それよりもまず先に、基本中の基本の眉毛の法則を知っていた方が、アレンジはしやすいです。ここが分かっていないと、骨格を無視した眉毛になったり、海苔みたいな眉毛になって、非常に残念なことになります。

眉頭、眉山、眉尻の基本の位置。これさえできるようになれば、眉毛は大抵キレイになります。

あと、意外と薄く描き過ぎている人も多いかもしれません。
ちょっと眉毛を描き足しただけで、「濃い」と思う方もいらっしゃるので。
多分、普段、眉毛を描かな過ぎなので、目が慣れていないのかなって思います。
私から見たら、その薄すぎ、ナチュラルすぎ眉毛はまるですっぴんのような印象を与えます。
しかし、しっかり描いたとしても、濃くなっているのではなくて、かなり自然で似合っていることがほとんどです。

また、危険なのが、やたら眉マスカラで眉毛の色を薄くしてしまうこと。
そんなに髪の毛の色が明るいわけでもないし、アイシャドウも普通のブラウンなどを付けているのに
眉マスカラだけしっかり色がのっていて、それがのっぺりした印象を与えて逆に浮いていたりなど。
絶対塗らなきゃいけないわけじゃないので、その辺はレッスンでもお伝えしたいなって思います。

眉毛って、意志を表す部分ですし、若々しさもそこから感じ取れるんです。特に毛流れ大事。
長く下に向いてしまっている眉毛は老け込んだ印象になりますし、
逆に処理しすぎて、ツンツンになってしまった眉はキツイ印象を与えてしまいます。

適当な理論ではなく、きちんとした眉毛のルールを知っておけば、お顔はあっという間に変わりますよ。

Nao
星座メイクはインスタにアップしています↓↓
☆instagram☆

メイクレッスンのモニターさん募集中!
エステサロンやスタッフ向けのメイクセミナーを行いたい企業様も個別でご相談受け付けております。
詳しくは上記MENUタブかお問合せフォームにてお気軽にご連絡ください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)