自分のステージが変わると周りも変わる

この大転換期の夏、自分自身、本当にステージが変わったなぁって実感してます。
メイクレッスンのお仕事もだし、生活の仕方も全て。お金の流れ方も、会社員時代とは随分変わった。
何を幸せと感じるか、とか深く考えさせられます。今までは社会の常識にとらわれて生きてきました。(こうすると安定した生活が送れる、こうすれば世間的に恥ずかしくないなど、結婚して子供産んだら一人前など)
それはただの思い込みであって、自分がどうやったら人生を充実して全うできるかを、とても考えるようになりました。
これは私の父が4年前に亡くなった時からずっと考えてきたことですが、今、ようやくそれが形になってきた感じです。

やはり、大切な人の死を感じると、自分の時間にも限りがあることがよくわかるのです。

父の死からの4年間は相当濃いもので、形になり始めて、安堵と共に、もちろん不安もあります。

でも、そんな時期が自分にやってくると、やはり、自分が変わってからも合う人と合わない人にはっきり分かれていきます。

私自身、ホロスコープの特徴で言えば、太陽がクリエイティブな獅子座でオーバーリアクション、月星座はアートチックな魚座で感情たっぷり、自分でも笑えるくらい夢見る夢子さん。その月はどの天体ともアスペクトを取っていて、かなり派手な感情を持っている月。占星術のプロの方にも言われたんですよ。太陽よりも、感情の月が派手って笑

なので、私は33歳という年齢になっても、というかもうすぐ34歳だけれど、夢は抱き続けるし、実際に夢を追って行動するし、いろんな人たちを見てこんな人憧れるなぁって思うし、映画の世界にどっぷり浸かって、涙を流したり、この俳優さんタイプ!素敵!って目がハートになることだってあります。それが私なので笑

それが原動力で、今までも夢を叶えてきましたし、やりたいことも叶えてきました。
しかし、いくら自分の好きなことや夢見てきたことであったとしても、その全てがスムーズで楽しいかったわけではなく、大半がハードで辛いことでした。が、正直後悔はありません。

だからプライベートでは、自分の感動を共有できる友人とはとてもウマが合うし、そういう友人たちは、どんなことがあっても見捨てないし、頻繁に連絡を取っていなくても応援してくれている安心感がる。心からの愛情をきちんと表現してくれる。ちゃんと行動でも示してくださる。誠意を感じる。

しかし、表情が乏しく、その割に、他人のことを分析するかのように観察してくる人は本当に合いません。

悲しいことに、私みたいに三十路過ぎて夢見る姿を好ましく思わない人もいるのが現実。

最近、私が本格的にやりたいことをスタートさせたら、もう目に見えてタイプが分かれる。
ある意味自分がステージが上がるから、合う人と合わない人が目に見えてわかるだけなんだと思います。

素直に心から応援してくれる方々と、「やってもきっと苦労する、上手くいかない、あなたは大したことない」と言いたげな方々に。

必ずいます。自分が上手くいき始めると、そこを突き落そうとする邪気の塊みたいな人。
自分が上手く言ってないから、相手も上手くいってほしくない、そういう心理が見えるというか。
応援しているふりして、けなしたり。良い言葉に見せかけて、ケチつけてたり。
お互いに高め合う意見なら良いけど、一方的な意見ばかり。

なんでそんなことするんだろなぁって思ったんですけど、要は私みたいな感情表現するタイプの人間がウザいだけなのでしょう。子供脳でやっているから、うまくいくはずがない。きっと音(ね)をあげて実家にでも頼るんだろうと。
見てるだけでイライラするから、いちゃもんつけたいのですね。
だったら、わざわざ近づかなきゃいいのに、私のやることなすことに水を差したいのでしょう。
自身のストレス発散のために。

でも、私は、あえて感情を豊かに表現しない人を美しいとも思わないし、芸術的センスも感じない。
不幸なオーラしか感じない。どんなに素敵なブランド品を身に纏っていても、世の中に認められたものなどを知っていても、私は羨ましいなど1㎜も思わない。そもそもそういったものに憧れを持ってないし、あーすごいんですねという認識のみ。

例えば私自身、大して男性に依存する心を一切持ち合わせていませんから、結婚というスタイルに実際興味がありません。海外の映画を観て、あーこの俳優さん素敵!って思うことで十分に感じることも実際ある。私には、結婚や恋愛よりも、やりたいことがたぁーーーっくさんあるから。それに若い頃に十分味わいましたし。別に結婚や恋愛に限定しなくても、愛ならいろんなところから感じることができる。
でも、大人ぶっているそういう人から見ると、「海外俳優に憧れている時点で子供っぽいし、夢ばっかり見てるから結婚できないんだよね~」なんて、私の表面的な部分だけ見て、そう言ってんだろなって思います。残念ながら。

音楽やダンス、絵画やある意味メイクをどっぷりやっている方は、感情表現や表情が命ですので、やはり、生み出すものに命を感じます。躍動感、緊張感など。アーティストってそういうことだと思います。

そういった感情がない人は、いくら上手くピアノが弾けても、間違えなくダンスを踊れても、一見美しくメイクが出来ていたとしても、人の心を揺さぶるような感動は一切与えることができません。
感情が表現できないから、人に伝わらない。

何でもそう、文章を書くことでも。自分の感情を表現しなきゃ、人には伝わらないです。

そんなことを感じつつ、私は私のステージを全うしようって思います。

Nao

星座メイクはインスタにアップしています☆
instagram

メイクレッスンのモニターさん募集中♪10月以降値上げの予定です。
ぜひこの機会にお試しください。
出張メイクだけでなく、レンタルサロンでもレッスンできます。
気になる点はお気軽にMENUタブのお問合せフォームよりご連絡ください。

2 comments

  1. ネガティブな感情を人にぶつけない、とかなら分かるけど(仕事中に泣かない、当たり散らさない等)、
    自然に感動したり、いい絵やお芝居を
    これ綺麗だね、美味しいものを美味しいねとか
    ステキな感情までバカにしたり、茶化す人って幼稚だなあと私も思います。

    ていうか、いちゃもんつける時点で
    その人たち大人でもないし、冷めてないですよね。実は自分たちも情熱的でいたいのに、くすぶってるだけ。だから素直に表現できる人を見ると、悔しくてたまらない笑。

    本当に冷めてる人てもっとスマートだし、
    人にも自分にも押しつけがましくないですよね(*´∇`*)

    遅くなっちゃいましたが汗、リンクありがとうございます♪

    1. 蘭さま

      ほんとそう!!何故素直に表現することがおかしいのか、人のことを指摘する前に自分を見つめ直してほしいですもん。
      素直に自分の心を表現できる人は、美しいと思います。情熱って美しさを引き立てますもん。
      こちらこそ、リンク貼らせて頂き、ありがとうございました(^ ^)♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)