トランジット土星の厳しさ体験記②

トランジット土星体験記①の続きです。

自分のアセンダント蠍座にちょうど土星がのっかった時期に派遣社員を始めました。
それが2014年10月頃。まさに新たなスタートです。
前にも書きましたが、今まで頑張って積んできた経歴、経験が一切通用しなくなったことを実感した時期でもありました。派遣社員ということだけで、こんなに差別されるんだってこともとても勉強になりました。
しかも、今まで自分と関わってきたような人とはまるで違う人種の人々。話が全くかみ合いません。
無駄にプライドが高くて、不平不満ばかり言う人たちで、その人たちのアシスタントをするのが本当に苦労しました。立場的に楯突けないし、文句も言えないので。

だからと言って、私は正社員に魅力は全く感じません。
むしろ、ますます正社員になりたくないって思ました。
だって、会社から恵まれた環境を与えられているにも関わらず、毎日不平不満ばかり言う人だらけでしたから。常に悪いのは他人、みたいな感じでしたから。
2年半ほど、生計を立てるためにその会社で派遣社員をやりましたが、自分を押し殺して相手に合わせるという術のようなものを学んだ気がします。後は、他人はどうでもいいやって思えるようになったこと。笑
でもこの2年半、私は何もしなかったわけではありません。
自分はプロのヘアメイクアップアーティストになりたいって強く思ったので、夜間、大手のメイクアップスクールに通ったのです。ちょうど自分のMCにトランジット木星がやってきたときに始めました。
不思議ですが、本当にこの時期に、ポンッと今通っている学校の情報が送られてきた感じだったのです。
2015年9月のことです。そこから1年半、必死にメイクを勉強しました。もともとメイクは得意でしたが、正直嫌になることもありました。でも最後まで通い続けています。
朝は6時に起きて、お弁当作って、昼間は陰気な職場でフルタイムで働いて、夜はそのまま学校へ行って、帰宅するのが23時前くらいになって、そこからまた睡眠取って、お弁当作って会社行って学校行って、という生活を続けました。
月が魚座の私は、睡眠時間がかなり削られてしまったのでかなりストレスでした。
肌荒れもすごかった。。
その間、トランジット土星は射手座に移動しました。でも、私はアセンダント蠍座24度なので、1ハウスのほとんどを次の射手座が占めています。ということはトランジット土星の厳しさはまだまだ続きます。
1ハウスは自己の部屋です。自分が変わらなきゃだめということです。これからの29年間のために(土星は29年周期でホロスコープを一周します。)新しい自分の土台を造らなくてはいけません。
そのため、2016年中はずーっと射手座の土星が私の1ハウスに在中していました。

正直、楽しい思い出はないです。ただ、メイクアップスクールに通ったのは大きな財産になりました。
あ、でも思い出ありますね、久しぶりにディズニーランドに遊びに行きまくったことです笑しかも母と笑
実はディズニーは私にとってかけがえのない存在で、家族の大事な思い出スポット。小さい頃にフロリダのディズニーワールドにも連れて行ってもらったこともありました。
ディズニーのおかげで美的感覚が刺激されたといっても過言ではないくらい大事な存在だったのですが、社会人になってから、そんな世界のことをすっかり忘れていたのです。でも、その大事な存在を思い出すことで、本来自分がファンタジックな世界が大好きでクリエイトしたいって思い出すことができました。
やっぱり普通のOLって私には無理なんです。

2017年2月の現在は、もう1ハウスの終わりの所にトランジット土星が居ます。
面白いのですが、もう3月いっぱいで今の派遣は辞めることになっているのですが、ちょうど4月に一瞬だけカスプをまたいで2ハウスに土星が入ります。タイミングが合いすぎです笑
でも、すぐに逆行するので、土星が本格的に山羊座入りする12月までは自分の基盤づくりで苦労するんだろうなって感じがします。
2ハウスを通過するときは、きっと収入の基盤づくりになるかと思うので、厳しいというよりはより現実的なお金の稼ぎ方を身に付ける期間だと捉えています。

とにかく本当に辛かったです、1ハウス土星の通過は。
私の場合はまさに暗黒時代でした。せっかく木星が太陽に来ても幸運なんて全く感じませんでした。
アセンダントにトランジットの土星が通過するって本当に人生が変わるきっかけになります。

自分の家族のアセンダントにトランジット土星通過の時期もさかのぼってみてみましたが、確かに全員大変な時期でした。父も鬱っぽくなっていた時期だったし、弟も新卒で就職した会社でいきなり転勤させられ、ド田舎で暮らす羽目になり、毎日鬱っぽくなっていました。
それから、全員新しい方向性へと生まれ変わっています。
アセンダントって本当にスタートラインなのがよくわかります。
だから、自分のアセンダントにトランジットの木星が蠍座に来るとき、自分がどんな変化が起こるのか楽しみです笑

きっと今、アセンダント射手座さんも結構大変かと思われます。
でもちゃんと向き合うと、不思議ですが、光がうっすら差してきます。
なのでその土星の厳しさをかみしめてみるのをお勧めします。

長々と書きましたが、トランジット体験記でした。

Nao

8 comments

  1. こんにちは。
    以前コメントした太陽蠍座、ASN射手座7~8度、MC乙女座の林檎です。
    自分を取り巻く人間関係が良い意味で総入れ替えになりそうです。1室に入ってから体調不良に悩まされ辛いです。

    早く冥王星水瓶にならないかな。その頃は不動星座が時代を動かすと密かに思います。(根拠はありませんが)

    1. 林檎さん

      こんにちは!1室の土星通過って本当に良い意味で厳しいですよね。。確かに!冥王星が水瓶座に入ったら不動宮が大変そうだけど、活躍しそう♪

  2. たびたび失礼します。
    私はMC乙女座でnaoさんと同じとのことですが、冥王星乙女座、天王星乙女座を持つ人たちから大変な目にあったりしませんか?
    特に乙女座を表す所(労働、職場)で。
    ふと思ってしまいました。

    1. 林檎さん

      こんばんは☆
      確かに、冥王星乙女座天王星乙女座世代さんに圧を感じる事は多いかも!前の職場が冥王星乙女座世代の女性しかいなくて、結構精神的に大変でした笑

  3. こんにちは。数え歳で33歳厄年何もなかったですか?H28.12月私は足の指を骨折しましていまだに通院中です。

    話は変わりますが、あんまり目上と関わらないようにしています。折り合いが悪いので。冥王星乙女からMCがへし折られ、太陽が天王星獅子からへし折られ、海王星蠍座から混乱させられることが日常です 笑

    1. 林檎さん

      こんにちは☆
      私は厄年特に何もなかったなぁ…
      鈍感なのか?笑

  4. 冥王星・天王星乙女座世代です。
    なんか私らの世代がご迷惑をおかけして…ごめんなさい。
    サターンリターンで記事を読んで・・・
    私は、土星お羊世代です。目上の人たちとやはりうまくいかなくて・・・
    公私ともに27,8から30歳まで、いろいろありました。
    ブログ主様と同じく、私の父もすい臓がんで私が29歳の時、他界しました。
    年長者の男性との関係で苦しかったです。職場が旧態依然としている風土でした。
    ハラスメントなど当たり前で、男尊女卑的でした。

    1. プリンさま
      コメントありがとうございます。
      いやいや、私が派遣社員として勤めた職場の方々が本当に陰湿だっただけで、その世代全員ではないです。私の母もその世代ですし。
      それにしても、全く同じようなご経験をなさっているのですね。
      星って不思議なものですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)