天体が逆行をするとき

トランジットの水星が本日14日から逆行期間となりました。
これは2月4日まで続き、その日のお昼ごろから順行に戻っていきます。
今回の水星逆行について私が感じたことは昨日のブログの記事に書かせていただきました。
→今回の水星逆行は、なかなかエグイ

昨日はまだ正式に逆行を開始していたわけではなかったのですが、結構目に見えて、水星逆行現象が起こっていましたね。東北新幹線もポイント故障で全面運休になっていましたし。
水星はとても身近な惑星になるので、イレギュラーな動きをすると、私たちにもわかりやすく現象として起きてきます。

私にも、ちらほらと逆行の影響を感じました。
メールの受信箱は不思議な現象が起こっていましたし、星読みの感覚がいつもよりも鈍っているのをかなり実感しました。このブログの管理画面も少し変になったし。笑
水星は交通やインターネット、人とのコミュニケーション、神経などを表すため、その部分でズレが生じたりしやすくなります。おそらく『思考する』という機能も若干鈍くなる気がします。なので、この期間に大きな決断はしないほうが良いとよく言われています。

ここ1か月半ほど、ほぼ毎日ブログを書いていて、毎日星の配置をチェックして、毎日家にある星読みの辞典などをひっくり返して調べたりするのですが、昨日は本当に頭が回らなくて、情報が頭に入って来ませんでした。笑
私は水星が乙女座なので、星読みをするときもデータ分析をしてパズルを組み立てている感覚で、その情報からブログを書いています。
いつもそこまで水星逆行の影響をそれほど感じることもなかったのですが、毎日文章を書く作業をしていたせいか、自分の水星がスローダウンしているのをすごく実感した一日でした。本当にいつもはパパパッと文字が浮かぶ感じがするのですが、ずっとぼやけている感じでした。
出掛けたついでに図書館にも行ってみたのですが、全然ダメ。文字が頭に入ってこない。
あ~本来はこのくらい逆行の現象を感じるんだな、と素直に思いました。(今までは自分本来の星の使い方をしていないこが多かったのでよくわからなかった。)
更に言うと、本日の記事も何回か書き直してます。笑
私はいつも、ブログの記事は、ほぼ書き直しすることがなく、大体1時間以内で書き終わるのですが(そのため誤字脱字多め…笑)、全然スムーズに言葉が出てこなくて、書いては消してを繰り返しました。

特に逆行を始める前後の時期は影響が強く出やすいです。逆行が進んでいくと、それほど影響は感じなくなってきます。なので、次は逆行が終わる2月4日前後に大きく影響を受けると思います。

ちなみに影響を与える天体の逆行は水星だけではありません。
太陽と月以外の天体は皆逆行期間があり、一年間で天体が一つも逆行していない期間の方が少ないです。
ちなみに2022年の全天体の順行期間は水星逆行が終了する2月4日~4月30日まで。
4月30日になると、トランジットの冥王星が留になり、逆行を開始します。逆行期間は遅れやミスなどを引き起こしやすくなる期間となりますが、そういった現象が起こってしまう理由は、本来逆行期間が『見直し』や『振り返り』を促す期間だから、と思っています。
逆行をすると、その天体の本来の特性が若干出にくくなるんですね。なので、一旦止まって冷静になることが必要になります。

そう、逆行中は『焦ってはいけない』。本当にこれは鉄則。
この期間に焦って何かを始めてしまうと、本当にろくなことになりません。
大抵、順行に戻ったときに「こんなはずじゃなかった!」と実感させられることが多いです。

私も昨年、この天体逆行を体感しています。
ちょうど昨年の6月末から9月末くらいまでの期間。
そう、失業してから就活し、即、内定貰って正社員として就職した謎の期間に当たります。

まだ最初の失業は納得できる内容でした。私が属していた部署は国際の部署でしたので、今回のパンデミック騒動の影響をもろに食らってしまった部署でした。だんだん部署の継続が厳しくなり、その流れで私も失業することになりました。一番長く一緒に仕事をしていた方も、今月から上海のグループ会社へ赴任になりましたし。その部署は現在、もっと人数が減っていて、こういう流れになることになっていたんだな、と思わざるを得ない条項になっています。

しかし、その後に正社員として就職した会社がまずかった。。詳細は割愛します。
そう、私が就活して内定をもらった8月初旬から中旬にかけて、トランジットの木星、土星、海王星、冥王星が絶賛逆行中の期間でした。
さらに、内定を決めた期間は天王星が逆行を開始した時期に当たります。
入社した当日は、トランジットの木星、土星、天王星、海王星、冥王星の5天体がぜーんぶ逆行中。この5天体は10天体の中でも重すぎる天体たちです。今思うと強烈な期間でした。
この時に、大きな決断をしてしまったのは、本当にまずかった。

今、冷静に考えたら、この会社、いつもの自分だったら絶対に選ばないんですよ。
しかし、当時の私は『どうにかしなきゃ!』と焦っていた…
本当は、一旦自分を振り返るべき期間だったのに。

そこから9月に水星逆行を開始した時から、徐々に仕事が忙しくなり、忙しくなると同時にこの会社、大丈夫か?と思ってしまうことが何度もありました。(この会社で長く働いている社員の一部は平気で他人のアイデアをパクって社長にあたかも自分で考えたようにプレゼンします….)
更に冥王星が順行に戻った頃から、社長が癇癪持ちなのを知った。社長は蠍座なので、自分が思い込んだらそれが絶対になりますので、だんだんその思い込みに巻き込まれていき、最終的に濡れ衣を着せられました。

そして、11月初旬に決定的な騒動が起こりまして、完全に私は嫌気がさしてしまいました。
社長のお目付け役の人事の方にまで、謝られるくらいです。いつ辞めようか…とタイミングは探っていたのですが、土星→木星→水星と徐々に順行に移っていき、最終的に11月下旬に謎の不当解雇を受けました。

この会社は、誰も社長に歯向かえないので、おかしいと明らかにわかっていても見ないふりをします。なので、社長は私を気にくわないとなれば、誰も止められません。
私が労基に通報したこともあり、12月までの在籍とし、12月はまるまる出社免除になりました。最終出社日が12月1日で、その次の2日は晴れて自由の身になったのですが、12月2日には海王星がちょうど順行に戻った日でした。

そこから今までやりたかったことをどんどん着手することにし、星読みの研究だけでなく、タロットを扱ってみたり、魔術系を調べてみたり、いろんな都市伝説調べたり、好きなことしかしない生活に切り替わりました。

ようやく、本来の自分が戻ってきた感覚があります。

そして、1月19日はようやく天王星が順行に戻ります。もっと気持ち的に解放されてくるような気がしています。(天王星は8月20日から逆行をしていました。この頃に入社を決めてしまっていました苦笑)

今日から水星が最終的に手直しを入れてくるはずなので、それは素直に受け入れて、修正を加えながらゆったりとした気持ちで今月は過ごそうと思っています。
きっと来月中頃には、全天体が順行に切り替わっていますし、私自身も何かしら動きたくなるような気がします。

今までは逆行期間について、あんまり気にしたことがなくて、全然スルーしながらいろんな行動を実行していたのですが、今回の経験で、「一旦振り返る」大切な期間であることを実感させられました。

この逆行期間を焦って過ごすのは、とっても勿体ない!
要は一旦立ち止まって、歩いてきた道を振り返ることで、何か大切なものを置いてきていないかを確認させられる時期なんだと思います。私の場合だったら、「自分が本当にやりたいこと」でしょうね。ここ数年、すっかり忘れてしまっていたので。

そのため、いつもより、自分の気持ちと向き合って、ゆったり過ごすことが大切になります。

水星逆行はそこまで怖くはありませんが、今一度、一旦立ち止まってみて、大切なものを忘れていないか確認していきたいものです。

Nao

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)