何かを成し遂げることだけが人生ではない

今月から仕事が無くなって、このご時世なのにフリーダムな毎日を過ごしているアラフォー37歳の私。

最近の日々の過ごし方は、午前中PC上でスターゲイザーを使って、星の配置の解読に勤しみ、ひたすら星オタク心に火をつける。でも、元々家にずっと居られる性分ではないため、その後は必ず外に出掛け、近所のスタバに入ってタロット本や魔術系の本(あ、神秘主義とかです)を持ち込み、ひたすら読みこむ。何なら自分のための知識ノートにあやしい情報を書き溜めていく。
夜は早めにご飯食べて、タロットを引くことに集中。タロットとおしゃべりしてる感覚。(完全にヤバい人)。たまに友人のラインで来る恋愛相談にタロットでのる。笑
これがまた当たるので自分も面白くなる。笑
就寝前ベッドの中ではアマプラで進撃の巨人を一気に観て、お気に入りのリヴァイ兵長にドキドキしながら、気がついたら寝ている…

という超自由気ままな生活を半月ほど送っております。笑

気が向けば、鎌倉まで足を運びますし、タロット系の不思議本の現物を見たくて、都内の専門店まで足を運んだり。あ~来週はマトリックスと呪術廻戦の映画見に行かなきゃ~とか、ほんと自由人。

昨日は歯科矯正15回目の調整日で、順調に歯は動いているそうで、少しテンション上がりました。本当にどんどん歯が動いてて面白いです。ただ、顎が元々ズレているので、ものすごく口が歪んできて笑えます。
来年早々には、院長先生から手術の目途を教えてもらえそうな予感がしたので、少し楽しみ。
実は歯って、その人の心を表すらしいですよ。
『嚙み合わせ』=『神合わせ』らしいので。嚙み合わせを治療すれば、もっと自分の心に素直に従えるようになるかもしれません。歯を治すと、運が好転していくなんて話も聞きます。
実際に私と同じ顎変形症の治療を乗り越えた方々は皆口をそろえて、『人生180度変わった!』って言ってますし。だから、治療は大変だけど、治療後の好転具合が楽しみで仕方がない。

話は逸れましたが、歯医者の後は本屋に入り浸り。
仕事が忙しくなってから、なかなか足を運ばなくなっていた本屋ですが、最近は毎日のように行きます。面白いネタの宝庫ですからね。で、昨日はずーーーーっと気になっていた日月神示の本を発見したので、これから読み進める予定です。
日月神示ってご存知ですか?
昭和19年から27年にかけて、神様が画家の岡本天明に自動書記で書かせた預言書もしくは予言書のこと。(あやしいでしょ、こういうのがたまらなく面白い)
読めば読むほど今の世の中を物語っているんですよ~
なんというか、自分が感じていたことがここに書かれているから不思議でたまらない。
私も自動書記でブログ書けないかしら?と思いましたよ。笑

そんな感じで、今は自分のワクワクする方向のみに注力して、毎日を送っています。ある意味、自分の心に素直になる訓練と言いますか。
思いがけず時間が出来たので、これは『神様がくれた人生のインターバル』として時間を過ごすように心がけています。
仕事を探さなきゃ!とか、お金が無くなる!とか、何か起業の準備をしなきゃ!とか、そういうことは一切考えていないです。

むしろ自由になるのが久しぶり過ぎて、思いっきり味わいたい状態なので、このくらいリラックスしていた方が、いろんなメッセージにも気が付けたりするのかな~と感じることもあります。

約3~4年前、私はプロのメイクさんとして、日々修行に励んでおりました。専門学校に通っていた頃を入れたら、もう6年前くらいからのことです。
私は、一刻も早く一流の技術を身につけ、美容を生業にしたいと必死でした。(過去の記事を読んだら、いかに自分が自分だけのことに捉われいるかがよくわかります。)
年齢も30代前半でしたが、もう30代になってしまったという内心の焦りと、こんなに努力したのに、何も得ることが出来ないなんて、全く生きている意味はない!とまで思っていました。

今思えば、結構なハードワークをこなしていました。ハードな割には実入りがなくてお金はカツカツ、精神的に何度も絶望しました。30歳を超えてからプロのメイクの世界に入ってしまったので、一緒に働く人たちは、ほとんどみーんな年下。年下の子が先輩になることも稀ではなく、私のしょうもないプライドはズタズタに削られていった状態でした。

で、結局、経済的にも精神的にも追い詰められ、メイク一本でご飯を食べていく道を一旦は諦めました。本当に大変でした。それこそ、20代から始めていれば少しは違っていたでしょうが、30代で始めると、いろんなところからズレが生じるというか、とにかく私の場合はうまくいかなかった。
自分で言うのもなんですが、今でも某有名美容雑誌などのメイクをほぼ毎月のようにこなしているアーティストさんにセンスも腕も認めてもらえて、メイクを2年間も伝授してもらえたのに、なぜかプロの道では上手く生かせなかった。
おそらく、私は心の底から仕事を楽しめていなかったのでしょう。(メイクを学んだりメイクを施すのはもちろん好きなんですよ、ただ、それだけじゃ難しい世界。)
ただただ、この世界は大変!ということしか頭にありませんでした。

何がそんなに私を苦しめていたのかなと振り返ると、
それは、

『ここまで頑張ったんだから、私は結果を出さなければならない』
『高い目標を成し遂げなければ、全て意味がないんだ』

という思いでした。

今思えば、当時の自分には酷な目標でしたが、本気だったがゆえに苦しみました。
『こんなにやったのに!』が行動の根本にあるため、実際、自由に好きなことをやっているように見えて、実は全然好きにやれていなかったんですね。

その気持ちから距離を置いた今、そのことがよ~くわかります。
何か立派なものになろうとしてそれが手に入らないから苦しかったんだな~と。

しかし、今は全然苦しくない。
何故なら自分は立派な人間でもないし、すごい人間でもないことを熟知しているから!笑
とは言いつつ、まだまだ未熟ですけどね。

他人から、スピってる~とか、脳内お花畑おばさんとか言われても別に良いんで、元々大好きだった『見えない世界』に思いっきり浸る日々。それで『ダメ人間』とレッテルを貼られても別に構わない。だって、自分が面白いと思っているからしょうがない。

不当解雇についても、こんなしょうもない私に貴重なネタを提供してくれてどうもありがとう!って感じです。このネタ、味がしなくなるまでブログで存分に使わせていただきます。って心から思っています。笑

若い頃、私にはこの緩さが思いっきり欠如していました。

何かを成し遂げようと必死になればなるほど、そこから遠ざかる感じ。

37歳になってから思うことは、人の人生って『何かを成し遂げること』『何か人に認められるような功績を残すこと』『何かわかりやすい実績を作る事』が生きている意味ではないということ。

別に普通の企業の正社員でも派遣社員でも、
アルバイトやパートでも、
既婚でも独身でも、
主婦でも何でも、
どんな職業でも、

普通に過ごして生きていれば十分です。生きることを全うすれば十分です。
誰かに認められるような立派な何かになる必要など全くない。
勝ち負けも無い。

別にオタクでもいいじゃん。
別にヤバいアラフォーオバハンでいいじゃん。
だって本当のことだから。

最近の私はずっとそれ。笑

ま~私自身2ハウスに木星があるので、お金は増やした~い!って願望は強めなので、そのうち働き始めるかとは思いますが。笑

そんな時間の過ごし方も人生はアリだわ~って最近思います。

 

Nao

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)