インターセプト

たまたま、メイクレッスンを受けてくださったお客様も私と同じように太陽がインターセプトされている方だったので、この配置について自分の場合はどんな感じかなって考えてみました。
前も書いたこともある気はするのですが。

インターセプトとは、ある星座がハウスの中にすっぽり入ってしまい、その星座が支配するハウスがないってことなんですよね。その代り、別の星座が2つのハウスにまたがって支配することになります。

私の場合だと、自分のホロスコープに獅子座と水瓶座のハウスがありません。
太陽獅子座だというのに、獅子座のハウスがない。。
太陽は9ハウスに入っているのですが、獅子座の太陽は蟹座のステージに立っているということです。
その代り、蠍座と牡牛座のハウスがそれぞれ2つづつあります。
私の場合は12ハウスと1ハウスが蠍座、6ハウスと7ハウスが牡牛座ということです。

インターセプトは教科書的に、遅咲きと言われています。
そこに天体が入っている場合、自分でその天体の性質を持っていることに気がつかないことがあります。自覚するのに時間が掛かるから遅咲きなのだとか。。

そう考えると、私もそうでした。私自身、獅子座の特徴を自覚していませんでした。
獅子座と言えば、目立つとかリーダーとか前に立つイメージ。
でも、私は蠍座のアセンダントですし、蠍座に天体があるので、どちらかというと外には出たくない、目立ちたくないっていうのが私の思考傾向です。それは今でも変わっていないです。

でも、周りからの評価がどちらかといと獅子座寄りなんです。
本当に、良くも悪くも「目立つ」とよく言われます。
さらには、前に出たくないのに前に出ざるを得ない状況にされされることが多いです。
学生の時も、会社員のときもそんな感じでした。
派遣社員の時も、目立たないように目立たないようにと地味~にしていたのですが、
全然違うフロアの方で、しゃべったこともない方から、「君は良く目立つから」って言われるくらい。
獅子座の場合、よく人から「目立ちたがり屋」なんて言われます。何だろ、オーバーリアクションになるからかな?なんでも演出しているように見るからか、一部の方にはこの性質、煙たがれたり、嫉妬の対象になったりしやすいのですが、本人自覚ないので、すごく混乱します。
自分でもなんで?って思ったのですが、これこそ、自覚できないのがインターセプトなのかと。

でも、なんで自分で意識できないところに隠すかというと、その要素が今世でとっても大切にしたい要素だからかもしれませんよね。時間を掛けて自覚していきたい部分というか。

私は太陽期になってから、かなり獅子座である自分を自覚できるようになったし、獅子座らしく生きるようになりました。昔ならブログなんて書かないし、インスタなんか絶対やらなかったと思います。太陽は今世のテーマですし、仕事の方向性です。それをどうしても時間かけて自覚したかったのかなって思います。自信がない、、って言っていられないでしょ!って言われている感覚ですね。私の場合は。

何か天体がすっぽり隠れていてインターセプトになっている方は自覚がなかなかしづらいかもしれません。しかし、無意識にその天体らしく振舞っていたり、その雰囲気が出ていたりするので、周りの方によく言われることと、自分のホロスコープを照らし合わせると、自分の無自覚な部分を発見できるきっかけになるかもしれません。

Nao
星座メイクやコスメはインスタにアップしています↓↓
☆instagram☆

2018年10月23日発売の光文社ファッション誌「JJ12月号」にFabulousBeautyのメイクレッスンが選ばれて、掲載されました!現在、メイクレッスンをお得に受けていただけるキャンペーンも実施中♪自己流のメイクから抜け出したい方、メイクの基本からやり直したい方、他のメイクサロンのメイクで納得できなかった方、肌が辛くないメイクがしたい方、ぜひメイクレッスンをお試しください。

メイクレッスンの詳細はこちら

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)