MCは自分が向かうところ

最近、ふと気がついたんです。

自分、人にメイクを教えるのも面白いかもなんて思っていることを。

しかも、これから社会へ巣立つ子達や、まだまだ若い20代前半の子達に教えることが。

ちょっと前まで、教育の現場なんて私には向いてない!って思ってたんですよ。

私自身、日本の学校を斜めに見てたタイプだったので、学校教育ってイメージ悪かったんです。

でも、大分気持ちが変わりました。

今のお世話になっている専門学校、春の入学時期直後は、全然言う事も聞かないし、注意しても無視だし、お喋りばっかりで、授業を終わるのを待つだけだった子達が、今では頑張って、不慣れなメイクをやろうしてくれている。

私も、学校で先生の立場になったことがないから、どう接していいのかわからなかったのですが、生徒の方から歩み寄ってくれたので、私は生徒に助けられました。

今では、メインの先生よりも、アシスタントで入ってる私にアドバイス求めるようになりました。

30人いるし、みんな元気良いから大変です笑

で、ふと自分のMCの意味って何だっけ?って思って調べたら、教育に関係するシンボルだったことに今更気がつきました笑

MCは天頂ですよね。人生の方向性を表してます。そこへ向かって昇っていくイメージ。

そのサビアンシンボルを見れば、さらに具体的にわかる。

私のMCは、乙女座の4度で、「白人の子供と遊ぶ黒人の子」で、教育を通して、偏見なく人に平等に接すると言う意味があるのです。偏見自体も克服していくようなシンボルです。

あー納得って感じです。

本当に様々な子達がいるんです。

家庭環境も本当に様々。美容師になりたくて入った子もいれば、親に言われて入った子もいる。とりあえず就職させようと。

もちろん金銭的にも大変なお家もある。

でも、同じメイクの授業受けてる。

その子の能力とセンスは、家庭環境とは関係ないですから、学校では好きなだけセンス伸ばしてもらいたいです。というか、能力として持ってるセンスに気づいて欲しいです。

だから、みんなが上手くなるように教えたいってそう思える自分になってます。

色んな人がいるから、自分の立場とは違う立場のことも考えていかなくてはなりません。

実は、私とは別に、もう一人アシスタントの子がいます。同じ日には入りませんけどね。

その子、完全に生徒に偏見持ってて、「私もさぁ、昔擦れててたからさぁ、先生とか馬鹿にしてたから、あの子達の気持ちわかんだよねー、授業怠かったしー」とか、タバコ吸いながら語ってました苦笑

話を聞いていると、彼女は生徒をナメてたんですね。

たしかに、生徒達はパッと見、派手な子達です。金髪もいれば、シルバーもいるし、ヤンキーみたいな子も居ますし。

しかし、最近、生徒が「あの先生、ヤンキーみたいで嫌!」って私に言ってきました笑

そのアシスタントの子は、自分の思い込みで生徒に接してて、彼らの能力を尊重してないんですね。

ま、彼女は私に対しても勝手な思い込みで高圧的に話してくるような性格ですから、生徒にもそれが伝わってしまったのでしょう。(何故か、私をお嬢様扱いして小馬鹿にし、そんなんじゃメイクさんなんて難しいからねーと偉そうに語るような人です。ま、本人もまだまだ誰かのアシスタントの身なんですけどね笑)

やっぱり、若くても大人のことはよく見てます。

私は、ずっと学校の教育現場にはいるとは思わないけど、ふとしたことで気づかされました。

ずっと、何で私が学校で教えてんだろ?って思ってましたが、すぐに答えがわからなくても、とにかく目の前のことを続けると答えは出ますね。

将来に羽ばたく子達の成長を見るのは幸せです。

Nao

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)