垢抜けるコツ

今のメイクの仕事場は、アパレルや美容関連の人が多く、オシャレに決めた方が多いです。

そうすると、やっぱり垢抜けてない人、街に慣れてない人って、結構すぐに分かります。

どんな人かと言うと、オシャレをやり過ぎ感がある人や決め過ぎな人です。なんか余分なものが多い印象です。視覚的にうるさい感じ。

色々盛りつけたり、のっけたりしている人は、あー、朝、頑張ったんだなーってつい思ってしまう。。この間見かけたアラサーの女の子、編み込みのアップヘアに赤いサテンのリボンで飾りをつけて、洋服もすごく頑張ってたんですけど、可愛いというより、気張ってるように見えてしまう。すぐに慣れてないのが分かりました。何と言うか、ガチャガチャしてる感じです。
メイクもそう、自分のお顔立ちや骨格に合わせたメイクで、盛り過ぎないスッキリとしたメイクってやはり都会っぽいんです。大人っぽいんですよね。だから、都会っ子的な双子座さんにもスッキリとしたメイクをオススメしてます。
でも、ラメが涙袋にたくさん付いてたり、色んな色を乗せ過ぎてたり、アイラインやマスカラを頑張り過ぎてると、ちょっと垢抜けない感じが出てしまいます。

コレクションのメイクとかもそうなんですが、オシャレに見えるコツは全部頑張らないことなんです。どこかポイントを頑張ったらどこか抜く。アイラインだって引かなくてもマスカラで目を大きく見せて、あえてピュアに見せるとかもいいですし。それか黒じゃなくてブラウンでアイライン引くとか。リップに赤を使ったら、あえてアイシャドウは塗らないとか。

やっぱり頑張り過ぎない抜け感がないと、垢抜けません。

多分この調整が出来るようになると、一気に垢抜けると思います。

それがわかんねんだよ!って人もいると思いますが、そういう方はファッションの専門家に聞くか、よーく人を観察することをオススメします。
Nao

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)