2022年12月19日双子座の満月図のテーマは『脱却』!

一昨日の夜は、ものすごい暴風で一晩中寝られませんでした~涙
台風でも来たのか?ってくらい激しい突風でしたね。
この突風もまた、何かこの世界の淀んだ空気を吹き飛ばしていくような、そんな勢いでした。笑
マスクも吹き飛ばされそうな…笑
今は「風の時代」への切り替え時期ですし、何か運気の切り替わりが起こってく時は、もしかしたら一昨日のような「突風」が吹き荒れることも増えてくるかもしれません。笑

さて、本日13:35に双子座で満月が起こります。

どんな満月なのかな~とざっくり読んでみましたが、向かっていく姿勢にはアセンダントには天王星、向かって良く方向を示すMCには冥王星と金星が合と結構強烈な配置図で、『生まれ変わり』『運気の切り替わり』感満載の配置でした。

本日の満月は、太陽射手座&月双子座28度で起こります。
28度とは、『脱却』とか『方向転換』を表す度数となっています。
今までの度数でその星座を存分に体験し、次の星座へと方向を切り替えていく度数になります。つまり、次の未来へと行動の先を移しているのですね。

満月は、太陽と月のオポジション。「私」と「他者」。つまり、対相手とのコミュニケーションが関わってくる配置になります。オポジションということは、自分に無いものをお互いに引きあったり、補う関係となります。つまり、一人で次のステージへ向かうのではなく、個性の違う誰かと一緒に切磋琢磨するから、次の未来への扉が開ける感じです。2ハウスと8ハウスのオポジションとなっているので、経済面や個々の能力という上では特に。

射手座28度は『美しい流れにかけられた古い橋』
これも川の上に古い橋で陸と陸をつなげることで、相手に自分たちの伝統を継承していくようなイメージになります。
双子座28度は『破産宣告された男』
破産という失敗から過去を清算し、違う視点から物事に再チャレンジしていく度数です。

ASCは牡牛座10度『赤十字の看護師』
アセンダントとは、結果に向かっていくための姿勢を表していることが多いです。
これは、自分の幸せも守りながら、他人に惜しみなく協力していくというサインになります。
ボランティアって、心に余裕がないとできないですよね。まずは自分の幸せを確認することが大切です。そこから初めて『他人を助ける』余裕が生まれます。

MCは山羊座25度『東洋の敷物を扱う商人』
MCとは社会的に向かっていく方向や結論を表します。
自分の属する世界には存在しないものを、よその世界から持ち込んで自分の世界に活力を与えていくようなサインになります。

全てのサビアンシンボルを見てみてもわかるかと思いますが、必ず『相手』や『他社』、『自分とは違うもの』が存在しています。
それを上手くつなげていくことが、この満月図の意図かと思います。

それには、自分の価値観も固定観念も変えていかなくてはならない、社会に見せる自分の顔も一旦壊して新しいものに変えていかなくてはならない。自分の幸せとは何か、それを一旦考え直してみる。そんなことを意図しています。

面白いですよね~サビアンシンボルを探って星の配置を読んでみるだけで、天体が今現在、私たち地球に住む人々に何を促したいのかがわかるのですから。

あの人は私は価値観が違い過ぎて、一生合わない。
あの人はダメだ、分かり合うことは一生ないから、仲良くならないでおこう。

それをやっていると、自分の世界はずっとそのままで、時間とともにどんどん古くなっていきます。自分と価値観が違う人を受け入れたときに、初めて自分の器が広がります。その時はものすごーく自分の内側で葛藤が起こりますけどね。
それが自分の幸せにも繋がり、他者を助けられる余裕が生まれます。そうすると、いろんな個性が集まることで社旗的にも経済的にも活発になっていくことを暗示しているかのよう。

もうさ、打った打たないで区別する必要も本当は無いんですよ。
いつまでパスの話を持ち出すんだか。
そんな論争で、自分の幸せも他人の幸せも無きものにしたいんですか?って言われているような。

この2年ほど、未曾有のパンデミック騒動で精神的にも経済的にもボロボロにされた人は本当に多かったかと思います。
なんであの人は影響がないのに、私だけこんな目に遭うの?とか。飲食店の人たち、航空業界の人たち、エンタメ業界の人たち、それ以外にも様々な形態で影響を受けた人が多かった。
でも、その視点に留まって、そこでグルグルしてても、何も始まらないってことです。

このタイミングで、私は職場から解雇予告書というものが自宅に届きました。笑
実際に解雇予告されたのは11月末で、11月で終了しますというのが会社側の提示でしたが、私が速攻で労基に電話をし、これは不当解雇に当たるのでは?と通報したからでしょうか、会社側から12月までの在籍にし、その期間は一切出社しなくていいと提案されたので、普通に来月末まで給与も出ることになりました。
本来、解雇というのは30日以上前に伝えなくてはならないのに、その規定を違反したことになるので、12月まで私の在籍を伸ばしたのです。解雇予告をして辞めさせた、ということにしたいのでしょう。なんかね~…キモい。
労基からも、これは完全に不当解雇であると教えてもらっていたので、訴えることもできますが、うーん、もう関わりたくないからどうでもいいかな…と正直思っています。
会社名を見るだけでね、波動が一気に落ちる感じ…笑
実はこの会社、労基に通報されたのが初めてじゃありませんでした。過去に社員から通報されたことが何度もあるようです。通報が続くと企業的に監査が入るとかあるんですかね?
色々調べようと思ったのですが、私自身、今はもう新しい方向への出発し始めているので、もうこの会社とは関わりたくなくて、常に思い出さないでいます。というか、ふと気が付くとそこの社員になったことがあることを忘れています。笑

なので、今回の満月図を見たときに、『脱却』か…と納得しました。
私も会社から届いた封筒を見ただけで胸糞が悪くなりましたが、そんな感情を持ち続けても意味がないんです。先に進むためには過去の清算をしないと。
書類を送ってくださった人事の方はすごく私に気を遣ってくださった文章で…
そりゃそうだよね、社長の独断と偏見で行われた不当解雇なんで。
(2回面接のはずが、1回の面接で速攻内定を出し、適性検査で性格まで分析しているにも関わらず、これだもんよ。大手取引先にまで会わせてたのにね。ほんと不思議体験、ネタでしかない。)
ただ、これも「他者」からもたらされた私の方向転換。本来の道へGO。
全然受け入れますよ。笑

ということで、このタイミングで過去の要らないものは脱ぎ捨てて、次のステージへと意識を向けて生きましょう。他者を排除するのではなく、自分には今までなかった価値観も受け入れ、自分自身の視野を広く持ってみましょう。
人は過去を清算することで視野が広がり、そこから新しい人生のステージにに再チャレンジができるのです。

Nao

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)