土星から投げかけられる課題

本日は月は水瓶座を運行。スクエアの角度が増えていく日なので、少ししんどく感じる方もいらっしゃるかもしれません。
何となく、自分の心に素直になれなくて、天邪鬼な態度を取りがちになります。でも、トランジットの月なので、あんまり気にしなくてもいいかなぁとは思っています。
それにしても、今度の連休、雨が多くないですか??
やはり、魚座に天体が集まっているせいでしょうか。予報はずっと雨!牡牛座の季節なので自然がある場所に出かけたいのですが、これだとちょっと萎えます。。おそらく木星が牡羊座に入ったら、気温がグンと上がって、夏日増えると思います。それもな。。。どうせまた電気不足とか始まりますよ。太陽と天王星が重なりますし。
とりあえず雨が続くようだったら、家で星読み研究でもしようかな。

全然話は変わりますが、個人的な星の配置の話をします。
3月頃からずっとネイタル太陽にトランジット太陽がオポジションという角度を取り続けており、思いっきり太陽が反対側から引っ張られているような感覚がずっと続いております。
土星は「制限」「ブレーキ」「削減」です。
太陽は「人生の目標」「向かっていきたい自分の方向性」
私の太陽は獅子座で9ハウスにあるので、本来は自分の表現をしていきたいし、9ハウスなのでどんどん遠くへ行きたい!自分にとって理想の場所を目指したい!という思いが強いホロスコープなのですが、現実は土星に引っ張られており、3ハウス的なこと(自分から近しい場所、コミュニケーション、情報発信、短期的な事柄、技能の習得)などの課題をしっかり考えていかないと、自分の理想の場所には辿り着かないんだな~と、つくづく感じております。

土星はアスペクトする天体を訓練していきます。
太陽とアスペクトしている場合は、自分がふわふわしていると、土星が「しっかり見据えて、もっと基盤を整えていきなさい」と促します。やるべきことを教えてくれるんですね。(内心辛いですが。)なので、土星がアスペクトしてくる時は、全然楽しくは無い。嫌なものにも向き合わなくてはいけないですし。

そして、その土星の課題にきちんと向き合うと、土星が抜けたときに、アスペクトしていた天体が抱える理想が実現したりします。
まさに「理想を形にする」天体です。きちんと自分の世界に、理想の現実が表れるように、訓練してくれます。

今だったら、水瓶座に土星があります。
水瓶座は「オリジナル」「自立」「物事との適切な距離」を表します。
なので、私の太陽獅子座とアスペクトを取っていく場合は、「自分の理想のために、ある程度は割り切って物事に取り組む」姿勢が問われるんだと思います。

今の私の状況はまさにそれです。先週から始まった新しいお仕事ですが、元々やりがいは求めませんでした。(データ分析のお仕事なので、水星乙女座には合ってます。)
化粧品業界というところだけですかね。親和性があるのは。。
実は仕事を選ぶ際、今回の化粧品会社と広告代理店で悩みました。広告代理店も化粧品関連の広告のお仕事だったのですが、出社日が多そうだったので、悩みに悩んで、完全在宅ができるお仕事を選びました。本音を言うと仕事の内容は広告代理店の方が興味はありました、好きなブランドのお仕事だったし。でも、今のご時世、マスクを一日中つけていなくてはいけないという、とんでもないルールが存在しますので、自分の健康を考え、前者の化粧品会社を選択しました。

とりあえず完全在宅で仕事が出来て(次の出社日決まってないww)、満員電車も乗らなくていいし、色彩が全くないグレー色のオフィスに一日中缶詰めにされないし、12時の一斉ランチタイムを過ごさなくてもいいし、繁忙期以外は残業がないので、自分の時間を確保して、この星読みブログも続けることができる。
会社行かないので、洋服買わなくていいし、ランチの出費も無し。なので引っ越しのためのお金を貯められる。メイクもしなくてOKなので、肌に負担なし。
さらに歯科矯正の通院も平日に行けるし、手術に向けての準備もできるし、手術後は動けなくても自宅で仕事ができるので、しばらくは仕事が続けられそうだし、職場と適切な距離が作れるのもいいな、という現実面で選びました。

それに完全在宅であれば、興味のない商材を触る必要もないし。(←コラ)

まさに土星水瓶座な選び方ですよね。「完全に割り切る!」笑

自分の太陽とトランジット土星がオポジションになっているときに仕事を選ぶと、どんな感じになるのかなぁとずっと思っていたのですが、まさにそのまんまになりました。笑
あと、意外と年上の方と関わることが多くなりそうです。

特に獅子座の太陽持ちの方(20度~30度辺りの人たち)は、今年は制限が掛かりやすいです。現実的な選択をするように強いられるとか。
2023年3月7日に、ようやく魚座へ移っていきます。逆行しても水瓶座に再び戻ることはありません。ただ、魚座という位置も、獅子座にとっては曖昧な位置なんですよね。
でも、対面に土星がいるよりは心が軽くなると思います。(私はネイタル月に土星が乗ってしまいますが。。汗)
さらに、2023年5月にはトランジットの木星が牡羊座をあっという間に抜け、牡牛座へと移ります。そうなると、今度は獅子座太陽とトランジット木星がスクエア。
自己表現したいというところに、確実性を求めやすくなるかもしれません。でも、それはそれで良いのです。スクエアと言っても、木星はベネフィット星なので、結果的に悪いようにはなりません。

仕事の内容は自分の感性を生かせるような内容ではありませんが、私が企業に属したくないということも上司の方は理解してくださっていますし、みな優しいので、関わろうとしてくださいます。それはものすごくありがたいです。

なので、トランジット土星が自分のホロスコープに効いているときは、多少自分の良さのようなものが制限されるとしても、現実面の条件を考えて選択していった方が、あとあと生きやすくなると思います。

そして、必ず土星が抜けていったあとは、「結果」が出ます。
それはアスペクトしていた期間にいかに自分が準備が出来ていたかどうかで変わります。

来年、どんな結果が出るのか。
それを見越して、今は淡々とやるべきことに集中しようと思います。

 

Nao

→天体の動きメモをこちらに掲載中

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)