究極のモテるメイクとは

占星術的にモテる?という記事がずっとアクセス数が高いので、やはり、女性にとって「モテる」ということは大きなテーマの一つでもあるのかな、、と思います。
やはり、女性として生まれたら、モテたいですもんね。

星座的には関係ないということをずーっとブログに書いていますが、では、美容やメイクの面からだと「モテる」ように工夫することはできるのか?ということを色々考えていたり調べてみたりすると、メイクで「モテる」ように工夫することは全然できます。造形はこの場合、関係ないです。

実は私のメイクレッスンで、無意識にお客様にお伝えしていることでした。

初めに大切なことを言うと、男性と女性の視線が全く違います。

女性的にかわいい!綺麗!と感じることが、男性から見たときに魅力的に見えるのかどうかと言われたらそうではありません。女性が可愛いと感じても、男性は同じように可愛いと胸をときめかせることは少ないです。(まれに同じ気持ちになれる男性もいます。)

よく言われますよね、「この子、普通なのになんで男性からモテるの?」って。
逆に「あの子美人で整ってて綺麗なのに、なぜか彼氏できないんだよね」など。
それは、そもそも男性と女性の視点が違うから起こる現象なのですね。

だから、女性ウケのいいオシャレなメイクを意識したところで、男性からもウケが良いのかというと一概にそうとも言えないようです。

モテるに必要なメイクの要素としてはこんな感じでした。

□メイクはいつもよりかなり薄いくらいでちょうどいい
□健康的に見えること
□唇にポイントを持っていくこと
□肌を若々しく見せること
□人工的でないこと

男性は素顔っぽい方が好きです。と言っても、男性が言う素顔は素顔じゃなかったりしますが、今はそういう細かいことは置いておきますね。
化粧感のある顔は、整っていて綺麗とは言えるけど、異性としてときめくかどうかといえば、そうではないということです。
なので、女性たちの気合の入ったメイクは濃く感じられる可能性が高いということです。また、気合は別に入っていなくても、アイメイクにラメを使っただけでも、今日は頑張ってる、と勘違いされることもあります。
ベースメイクの手順も、コントロールカラーにファンデーション、コンシーラーにパウダーにハイライトにシェーディング。これだけ書いても、濃いな…って思いますもんね。ちなみに私のお伝えするメイクはここまでやりません。ここまでやらなくても、顔色が良く見えるメイクはできます。

それに、女性たちに人気な整形級メイクや骨格メイクみたいなものもちょっと違うということですね。「アイラインをこのように引いて錯覚させます」とか、「眉毛と目の距離を近くして外人風に」とか、そういうテクニックは要らないということです。
こういうテクニックを使っても、「私、元々そういう顔立ちです」というくらい自然に仕上がるテクニックがあればやってもいいと思います。

実は、造形的なことよりも、全体的な雰囲気が健康的であることはとても大事。だって、生物学的に健康的な遺伝子を持っているかを感じさせないと、男女の仲はそういう方向に進みません。例えば、明らかに不健康そうな不自然な人と、そういう仲になりたいか?と聞かれたら、大半の人はそうではないと思います。

健康的な雰囲気は、メイクで言うと、肌の感じや血色で出せます。色とツヤですね。
健康的な肌は、血色があり、肌もパン張っているので、若々しい印象を与えます。
私もこのメイク方法をメイクレッスンでお伝えしています。
あくまで自然でわざとらしくない血色メイク。これとても大事。とくにチークなどは。

次に唇です。
男性が無意識に見るポイントは、目かと思いきや実は「唇」なんだそう。唇って体調によって色も変化しますし、健康のバロメーターとしても見ることができます。プールに入ったら体温が下がって唇の色も紫色になりますし。
なので、唇にいつもハリを持たせて綺麗な血色リップにしていると健康的に見えます。ある程度ボリュームがあるほうが魅力的に見えるかもしれませんね。これも生物学的に惹かれるポイントになるようです。
とにかく唇は乾かしちゃダメ。ついつい乾いて皮がめくれてしまったりしますけどw唇も年齢とともに新陳代謝が落ちて、皮むけがひどくなったりします。。なので、唇に関しては、気がついたらいつでも保湿ケア。口紅の上からでもいいので、透明の美容グロスを少し重ねるか、透明リップバームで潤いを足します。モテるメイクのためには必要かと思います。夜はスペシャル保湿ケア、なんてのも良いと思います。
ちなみに唇がざらざらしているときは、水を含ませたティッシュで軽く唇を拭き取ってあげると、唇がつるんつるんになります。私も外出先で結構やること多いです。

また、もともと唇がくすみがちな方は、唇の美容液を意識して塗ったり、口紅をのせる前にかるくファンデーションでカバーすることも大切かと思います。意外と口角もくすみがちなので、柔らかめのコンシーラーなので色を補正してあげてもよいと思います。フェイスパウダーで整えておくのもアリです。しかし、これもやりすぎは禁物です。

くすみを進めないように、普段からリップも紫外線ケアをしたり、ビタミンCが入った唇の美容液などを使うことも大切かと思います。(私もビタミン系が含まれる唇の美容バームを愛用してます。リップレメディというバームです。☆おすすめコスメ☆の一覧にも載せています。)

ちなみに、ツヤツヤの血色リップを作るなら、CHICCAのリップスティックか、CHANELのココフラッシュ、、YSLのヴォリュプテリップがオススメ。CHICCAが一番自然で唇の色が透けます。
プチプラならオペラかリンメルのティントリップあたりはオススメです。
シアーなリップは自分の唇の色が透けるので、厚化粧に見えない上に自然に健康的な印象を与えます。マットなリップはオシャレさんに見えるのですが、男性から見て魅力的に見えるかどうかを考えると、ちょっと違うかな、、と思います。

また、上唇と下唇の比率は、1:2が一番魅力的に見えるそうです。
メイクの黄金比率だと1:1.5くらいがベストなのですが、それよりも少し下唇はボリュームがある方が良いということですね。そこまで厳密でなくても良いと思うので、下唇に少しボリュームが出るようにメイクすると良いかと思います。下唇の中央にはグロスをオンしてふっくら見せることも大切。(グロスを全体に塗り過ぎると、てんぷら食べた後の口元になるので、適量を意識)

次に、肌の若々しさはとーーーーっても大事!
年齢が若い肌という意味ではなく、若々しいフレッシュな印象の肌が大切ということです。これ、いつも私がメイクレッスンで訴えている必須事項。パンとハリがあって、ツヤ感と血色感がある健康的な肌が一番モテます。ついつい触りたくなるような肌が理想。

特に気を付けたいが口元のほうれい線。無意識に口元に目がいくのなら、より一層ほうれい線のケアは意識しないと。。笑った時のほうれい線は素敵ですが、不満ばかり言う人は自然と顔のほうれい線が深くなるので、そこは要注意ですね。30代以降は目に見えてほうれい線は変化しますので、毎日の表情には要注意です。
正直、目元のたるみより口元のたるみの方が老けて見えます。
いつも訴えておりますが、保湿ケアと紫外線ケアは常日頃からきちんと意識してください。
これを怠ると、あっという間に老けます。あと、インナーケア。スキンケアはある程度限界があるため、時間はかかりますが、体の内側からのケアに集中を。

最後に人工的な顔にしないことは大切です。
人工的に見えやすいメイクは多色使いのメイクとか、グリッターメイクとか、描いたとわかる極端なアイラインなどでしょう。カラコンや過度なまつエクなどもそうですね。そもそも目に視線はいかないそうですし。
(私はカラコンの良さが未だによくわからないです。なので近視のコンタクトしかつけたことない)
オシャレに見せたいメイクなら、こういった個性的なメイクは≪あり≫ですけど、モテるメイクとなると避けたほうがいいです。
また、女性らしく見えるからと言って、アイシャドウもピンク、チークもピンク、リップもピンク、トップスもピンクは、さすがにクドイ。くどいメイクはモテないです。

どこか一転に絞った方が力が抜けていい感じになると思います。
私が男なら、どこか一か所だけピンクを感じさせるメイクのほうが魅力的に感じます。
また、例えば骨格を無視したメイクも不自然です。例えば眉毛の位置を変えちゃうとか。あくまで、自分が生まれ持ったものを生かすメイクがモテメイクです。

究極にモテを意識したメイクのポイントはこんな感じになります。

ちなみに、男性のメイクアップアーティストさんと、女性のメイクアップアーティストさん、それぞれメイクしてもらうと、仕上がりが全然違います。
私がまだ20歳くらいの頃、プロの男性のメイクさんにメイクしていただいたとき、鏡見て、「うっす!」(←薄いという意味)と思ったくらい。逆に女性のメイクさんにメイクされると、いろんな要素が足され、どちらかというとオシャレ向きなメイクに仕上がることが多かったです。これ、美容師さんも同じこと言える。男性美容師さんでも同じこと言えるかと思います。
モテることを意識したいときは、極力男性にお願いするのがいいかもしれないですね。(あ、メイクは女の私でも大丈夫ですよ笑 男性目線でメイクしますw)

女性は基本的にコンプレックスが強い生き物です。
隠したくて隠したくてしょうがないという気持ちはよくわかります。
私自身もコンプレックスの塊ですよ。容姿が嫌でしょうがない。インスタの自撮りは仕事としてやっていますが、完全にプライベートでインスタをやっていたら、絶対に自撮りなんてやりません。
でも、あえて人前にさらけ出して、自分の嫌な部分も受け入れるように心を訓練してます苦笑
(昔は鏡を見るのも嫌でした。)
でも、女性って自分を受け入れないと、綺麗にならないんですよ。これはほんと。

最後に、メイクじゃないけどスタイルも大切なようです。痩せ過ぎもダメ。
ただ、今はハイヒールで女らしさをアップという時代でもないです。いわゆるセクシー系いい女系と言われていたものはもう古く感じられ、男性ウケもそんなに良くないかと。。(おじさんにはウケるかも)とろっとしたカシュクールトップスにタイトスカート、ピンヒールはとっくに古い。
今の時代求められるものは、癒しと柔らかい色気なのかなと思います。

と、話はモテから逸れましたが、男性目線でのモテメイクについてまとめてみました。
異性に魅力的に見られたいときは、とにかく肌と唇に集中しましょう。。

ここに相手の金星星座、月星座なんかを加味したら、恋愛のきっかけも上手くいきそうですね。

あと余談で、見た目は関係ないですが、、、

・自分語りしかしない人
・上から目線でものを話す人
・相手の立場を考えられない人
・人との適切な距離感が取れない人
・他人の話に水を差す人

は、本当にモテないから気をつけて笑

正直、男性だけでなく、同性からも嫌がられます。

この情報が必要としている方のお役に立ちますように。

Nao

メイクやコスメはインスタにアップしています↓↓
instagram

5月いっぱいのお日にち指定までは通常通りメイクレッスンを受付ております。

≪こんな方にオススメです≫
□メイク初心者の方
□自己流メイクが野暮ったい方
□垢抜けたい方
□モード系のメイクが好きな方
□厚塗りメイクが苦手な方
□他のメイクレッスンで納得できなかった方

上記のようなお悩みの方にたくさん受けていただいております。
キレイになって自分を変えたい方、ぜひお待ちしております。

≪お願い≫メイクレッスンは星占いではないため、出生図などは必要ございません。
出生時間も不要です。ご自身でお調べいただいた星座だけを教えてください。

メイクレッスンの詳細はこちら

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)