もがく時

先月、NHKで放送された安室ちゃんのインタビュー番組を今更ながら観ました。

なんとなく、それを観ると、すごく寂しくなりそうで、録画したのに、観るのを何故か躊躇ってました笑笑

同じくリリースされたベストアルバム(ファンクラブから頼んだので名前入り笑笑)も、何故かこわくて聴けなかったのですが、ようやく聴けました苦笑

(忙しくて時間が無かったというのもありますけど)

案の定、33歳にもなって泣く…苦

あのインタビューを観た人は、すごく共感が出来るところが多かったのではないかと思います。

もちろん、彼女は唯一無二の才能の持ち主で、選ばれた人だと思うし、どれだけの努力と葛藤をしてきただろうと思います。

波乱万丈な人生とは、安室ちゃんみたいな人生のことだと思います。でも、本人、公の場でそれをひけらかしてません。

だから、自分を含め、一般の人は比にもならないのはわかっています。

安室ちゃんが、小室哲哉さんを離れて、一人でやって行かなくてはならなくなり、色々もがいても本当にうまく行かなくて、歌手としての安室奈美恵がわからなくなったと言っていました。

その安室ちゃんの喩えがすごくわかりやすくて。

うまく行かなかった時の感覚は、

鍵が掛かったいくつものドアを無理やり開けようとし続けてた。

ぁー、今の私の状態もそんな感じって思いました。

こうしたら売れるかなとか考えるとうまく行かなくてと。

でも、ふときっかけがあり、これが楽しい!って思うことが出てきたそう。そしたら、目の前に一つのドアが出てきて、開けてみようとしたら、鍵が掛かっていなくて、すんなり開いて、次のステージに行けたって言っていました。

そのきっかけは、人から運ばれたよう。一人でもがくと、どんどん深みにハマります。でも、ふと他の人が差し出したものが、やってみたらすごく楽しくて、実はそれが次のステージへの招待状だったということです。

次のステージに行った時の安室ちゃんのコンサートは毎回ステキなステージでした。

全力なのも伝ってくるし、可愛いし、本当に楽しい時間でした笑

本当に、今うまく行って無い人、もがく期間が長過ぎるという方は、一度全部、焦るのをやめて止まってみるのもいいのかもしれません。そして、今の自分に来たものだけを、選択することなく、受け入れてみるのです。

(と書いて、自分に言い聞かせる笑笑)

万が一、不安になったら、安室ちゃんの曲を聴く!

勝手にオススメ↓励まされる曲笑

Baby Don’t Cry

Get Myself Back

Fight together

チャンスが来たら↓

Chase the Chance

ソウルメイト探している方はこちら↓笑笑

Can You Celebrate?

ALL FOR YOU

The Meaning of us

いい曲が多過ぎて、

強くなりたい女性は、全部聴いてください笑

ふとタイミングが合った時に、自分の前に鍵の掛かっていないドアが現れるかもしれません。

更に次のステージに進む安室ちゃんは、とても清々しかったです。

Nao

2 comments

  1. 独占interview、私もしばらくドキドキして1週間弱あたためていました(+_+)

    見ちゃうと、もう安室ちゃんの姿をテレビやラジオで見れないって実感すると思いそうで哀しくてね。
    10代の時の苦労もありましたよね。
    既に光る才能や、カリスマ性があっても自分に合った人と出会い、タッグを組めないとなかなか輝き、皆を魅了するってところまでは行けないし、本当に小室さんと出会えてよかったデスヨネ!

    私の4年ごしの鍵のかかっていたはずのドアはちょっと緩くなっていて、1度開いたかに見えたんだけど多分チェーンはまだかかってるみたいな感じかなぁ。。

    肩のちから抜いて、聴きたいのは never endかなぁ。何もかも忘れて瞑想してリセットできるかな。

    1. のりまいさま

      引退、寂しいですよねぇ…
      青春が終わるって感じですもん。
      NEVER ENDも良い曲ですよね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)